2009年10月29日

読売新聞朝刊で

「第1幸福丸」が転覆した事故の記事で、今日の読売新聞朝刊に我らが長堀先生のコメントが載っています。


(前略)・・・・海上での病気やけがに対応している横浜船員保険病院の長堀優副院長は「狭いスペースに男性3人が4日間も生き延びる酸素が残っていたことが幸運。動かなかったことで体力の消耗を避け、酸素の消費も最低限ですんだのでは。・・・・・」・・・(後略)

yomiuri001.jpg

なんだか、長堀先生の言葉だと思うと親近感を感じながら、読んでました。

それにしても、真っ暗で、寒くて、油の臭いがひどくて・・・そんな中で4日間も生き延びられたってすごいことですね。
精神力をたたえたいと書いてありましたが、心からそう思います。
いろいろな幸運が重なって奇跡的に助かって・・本当によかった・・。

しかし、私だったら、あっという間にパニックだっただろうな〜。
そうだった。私は泳げないから、問題外でした・・トホホ・・・


ゆうこ
posted by cocoon at 19:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三人の方、今日にも退院とか…善かったです。
船長さんのご冥福をお祈りするとともに、残りの方が一刻も早く無事発見される事を祈ります。


長堀副医院長先生、夕方のTBSテレビにも出られて居ましたね。…たまたま拝見しました。
Posted by まゆ亭 at 2009年10月30日 09:03
まゆ亭さん

>三人の方、今日にも退院とか…善かったです。
船長さんのご冥福をお祈りするとともに、残りの方が一刻も早く無事発見される事を祈ります。

本当にそうですね。
ありがとうございました。

>長堀副医院長先生、夕方のTBSテレビにも出られて居ましたね。…たまたま拝見しました。

そうなんですってね。
後から、長堀先生にお聞きして・・。
見たかったな〜。
私は見逃してしまいました(;;)
Posted by コクーンゆうこ at 2009年10月30日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131516583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック