2015年04月18日

佐藤初女さんの『限りなく透明に凛として生きる』出版記念講演会

昨日は、佐藤初女さんの出版記念講演会に行ってきました。
1200人の会場は満席で、初女さんの朗読「わたしをお使いください〜マザーテレサの祈り〜」から始まりました。(この詩は、聖フランチェスコの「平和の祈り」の姉妹のように感じました)

5F3566C7-E2A9-4283-B609-B991B78E8BBA.jpg

初女さんの柔らかい声は、聴いているだけで心地良く優しい空気が会場を包みます。

「はい、わかりました」と言うことの大切さ。
小さいことでも続けていけば変わっていく。
どんなに困った時、大変な時でも何かひとつ、自分のできることをするのが大切…。

良いことは、ひとりふたり三人と伝えていく。

そして、晴佐久神父、芳村思風先生、池川明先生と続きます。

晴佐久神父は、「初女さんのそばにいるだけで、何も怖くなくなる、とても安心してしまう。これからの時代は、宗教を超越した『透明なかみさま』が大切」と語り、

思風先生は、「陶磁器の土は炎で焼かれると1300℃で一度透明になるが、人間、『死んでもいい』と思えるほどのものに出会い、情熱を傾けて燃焼した時に透明になる」と語り、

池川明先生は、「赤ちゃんの魂と語り合いながらの出産が理想ですね。実際、そんなお産をした方がいて、魂は光、透明だったそうです。」と魂と向き合うことの大切さを語りました。

それぞれ、個性溢れる「透明な在り方」についてのお話でした。

後半では、全員が登壇され、司会進行役は、この本やイベントを企画・コーディネートした兼ちゃん(松前兼一)でした。

最後は、下山しおりちゃんの詩の朗読。声の優しさ、あたたかさが心地良かったです。

考えてみたら、皆さんお一人おひとりが、とてもコクーンとご縁が深い方ばかり。

14年前、兼ちゃん主催の「Iの学校」(長野県女神山で年2〜3回)では、毎回コクーンを呼んでいただき、芳村思風先生の講義、あけみちゃん(岡部明美)のワークの最後に、いつもコクーンがコンサートをさせてもらいました。

コクーンの代表曲のひとつ「チャンス」は、晴佐久神父の「もしも病気になったら」をヒントに作り、それがご縁で高円寺教会でコンサートさせてもらいました。

佐藤初女さんとは、13年以上前に静岡で「おむすびの会」と講演とコンサートでコラボさせていただき、その後、高円寺教会、那須でもコラボさせてもらいました。

池川明先生とは数年前に鎌倉で、一昨年は、代々木での映画「生まれる」で講演とのコラボでした。

あれもこれも、「コクーンを呼ぼう」とご尽力いただいた皆さんのおかげで、いっしょに全国を回ってくれるスタッフのおかげで、応援してくれる家族やファンの皆さんのおかげと思うと、とってもありがたい気持ちになります。

帰りのロビーでは、懐かしい人や友人に再会したのですが、思風先生は早々とお帰りになったとかで、がっかりして夕食を食べる場所を探し回り、(友人は松葉杖なので、一階かエレベーターのある所でないと入れない)、ようやくエレベーターのあるレストランに入ったら、なんと! いらしたのです。思風先生が! これも、「透明なかみさま」からの贈り物でしょうか。かみさま、ありがとう〜!(=´∀`)人(´∀`=)

37B27F12-F8A3-4E02-927E-395359412C34.jpg

88CCEF28-817D-4828-8454-140A54FAD20C.jpg


水月悠里加

posted by cocoon at 12:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント



残念でした(涙)
行けませんでした
きっと とても優しい時間になったん
でしょうね。
又、沢山の方々にお会いも出来て
素晴らしい1日になりましたね。
Posted by 金髪 at 2015年04月19日 08:33
金髪さん

私も、チケットが取れずに諦めていたのですよ。

それが、前々日くらいに、行けなくなった友だちから連絡が来て、無事に行ける事ができたのです。

講演を聞くというよりも、優しい時間を共有しているようなホンワカした会でした〜。きっとそのホンワカは、金髪さんの所へも届いているように思いますよ。(^^)
Posted by 水月悠里加 at 2015年04月24日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417497669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック