2015年05月05日

コクーン15周年の振り返り Part10 〜サムシンググレート〜

コクーン15周年の振り返り、Part10です。

前に話したけんちゃん、松前兼一さんが「サムシンググレートは語る」というイベントをすることになりました。
それは、芳村思風先生と、行徳鉄男先生、村上和雄先生という、ものすごい方たちのイベントで、明美ちゃんはコーディネイト役。
そこで、コクーンは歌わせていただけることになりました。

芳村思風先生はその時点で何度もお会いしていたのですが、行徳鉄男先生も、村上和雄先生も、私は知りませんでした。
サムシンググレートという言葉も、その時に初めて知りました。

お話を聴いていて、またまた目からウロコが…。
世の中にはすごい人たちがいるもんだなぁと、改めて思いました。

まさか、そんな素晴らしい村上和雄先生と、チークダンスを踊る日が来るとは、その時は考えてもいませんでした。

私たちのコンサートが終わると、サプライズで花束をいただきました。
その花束を持って来たのは、それぞれの子どもたち。
つまり、私には心音が花束を渡してくれました。
もう、それだけで、私には泣けて…( ; ; )

当時はまだ元気だった父が、見に来てくれていて、帰ってから言ってました。
行徳先生のことでした。
花束を渡し終えた心音に「お母さんを大切に!」と声をかけたそうなんです。
父はその一言が何より嬉しかったみたいです。

その行徳先生ですが、懇親会で話しかけてくださいました。あの太い独特の声で「山の歌です!」って。
は?
山の歌?
私たちは山の歌なんて、歌ってないよなぁ?
と思いましたが、後からわかりました。
ご自分のセミナーを行徳先生いわくの「山」でされてるそうで、「山の歌」というのは、行徳先生のセミナーに通ずる歌という意味だったようです。

もしかしたら、人は立ち位置が決まるとスイッチが入るのかもしれません。
そして、どんどん繋がって、どんどん出会って、どんどん進んで行く。
コクーンは私にとって、そんなスイッチだったのではないかとよく思います。

D0B8913E-D8D0-406F-B78B-A1EB5710514F.jpg

その当時の写真が見つからなくて、あったものの寄せ集めで、すみません。

芳村思風公式ホームページ
http://shihoo.p-kit.com
芳村思風一期一会のブログ
http://s.ameblo.jp/shihoo-y/

岡部明美公式ホームページ
http://okabeakemi.com

松前兼一ホームページ
http://iwillbe.co.jp

コクーン公式ホームページ↓
http://www.yy-cocoon.com

★コクーン15周年記念ライブ&パーティーは7月26日(日)18時半オープン、南青山MANDALAで決定しました!
前売 ¥10.000- 当日 ¥12.000-

ゆうこ

posted by cocoon at 09:43| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
15周年 本当におめでとうございます(^^)
長くて短い時間
私は、その中のほんの少しの時間しか
見て来ていませんが
もう、何年も触れて気がします。
なぜ ︎
それは、きっと心の叫び
何だと思います。
一曲 聴いただけで身体に染み渡り
まるで身体の一部のような
歌詞 メロディーが良いから
違うと思うんです️
裕子さん ゆりかさん 二人の心が
そう感じさせるんだと思います。

Posted by 金髪 at 2015年05月06日 22:32
金髪さん

ありがとうございます。

私も金髪さんとは、ずっとずっと昔からのお友達みたいな気がしてます。
きっと、魂の友なんですよね、私たち(^_−)−☆

15年ってあっという間な気がするのですか、こうして振り返ってみると、いろいろ、いろいろあったんだなぁって。
どの瞬間がなくても、今の私はいないんだなぁって。
不思議な気持ちになります。

ずっと、ず〜〜っと続けていきたいので、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by ゆうこ at 2015年05月07日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418436545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック