2015年05月28日

コクーン15周年の振り返り Part16 〜巻き添え?〜

コクーン15周年の振り返り、Part16です。

娘の心音が中学に入るとき、私は離婚しました。
それだけじゃなくて、その直後から、元夫がやっていた会社を引き継ぐことになったんです。
離婚したんだから、もう関係ないんじゃないかって初めは思ったのですが、蓋を開けてみたら、私が取締役で大株主になってたらしいんですね。
元夫はその時、ストレスが溜まってしまったからか、精神的にボロボロになってました。
ほんとに、辛そうで…。

それで、会社の方たちが私のところへいらして、お願いされたんですが、つい「わかりました」って言ってしまったんですね。
何がわかったんだか…ねぇ、さっぱり…。
会社勤めもしたことないのに、会社の経営なんて、何にもわからなかったんです。

いや〜、この「わかりました」って言葉はキケンですよねぇ。
離婚したいって言われたときも、わかったって言ってしまったんですね。
こちらも、な〜にがわかったんだか…笑

会社を引き受けて最初にすべきことは、なんと倒産させることでした。
それだけでは、当時16人いたスタッフの方たちが路頭に迷うので、新しく会社も作らなければならなくなりました。
「株式会社コクーン」って名前にすれば、出来るかなぁ?と…。
藁をもすがる思いで名前を付けたんです。
倒産と起業、初めての事だらけで何が何やらわからなかったのですが、頭のキレる高校時代からのお友達がほとんどやってくれました。
ほんとに、今考えてもありがたいって思います。

その時に、元夫の会社で働いてくださってた中に、山添さん、通称“巻き添えさん”がおられました。
つまりは、元夫の巻き添えに合ってたわけですね。

DFF7B728-1183-495F-AE13-6A32BC2AE9C2.jpg

それからは、コクーンのレコーディングやコンサートでも、巻き添ってくれてます(^_^;) 笑
会社を初めて少ししてから、私たちは一旦中断していた「cocoon2」のアルバムの制作を開始しました。

山添さんとレコーディングを始めると、ほんとにラクで、楽しくて…。
スタジオの空いている時に、少しずつレコーディングをして、完成した時は感無量でした。

会社のスタジオがあったので、「永遠の絆」では、皆さんにコーラス参加もしてもらえました。
楽しかったなぁ。

F78EFDF6-0F6D-4975-9651-457FCA65B51C.png

ED89F1FB-CB2D-4981-ABDD-9CBC0874C884.jpg

人生って、想定外のことがありますね。
どんな事が待ってるか、明日のことは誰にもわからないのですよね。
でも、どんな事もきっと、何か素晴らしい事に繋がっているのかも…。
振り返ってみると、しみじみそんな風に思えてきます。

あ、そうでした。
元夫とは今でも仲良しなんですよ(^ ^)
その会社は、5年間だけ私が引き受けてから、今はまた戻しました〜。
経営者って、向き不向きがありますよね。
私には、向いてないってつくづく思います(^_^;)

永遠の絆」コクーン
作詞・作曲 水月悠里加

生まれてくれて ありがとう
生きててくれて ありがとう
あなたがいるだけで 私はうれしい

励ましてくれて ありがとう
泣いてくれて ありがとう
あなたがいるだけで 私は幸せ

(語り)

生まれてくれて ありがとう
生きててくれて ありがとう
あなたがいるだけで 私はうれしい

信じてくれて ありがとう
わかってくれて ありがとう
あなたがいるだけで 私は幸せ

(語り)

生まれてくれて ありがとう
生きててくれて ありがとう
あなたがいるだけで 私は幸せ


☆曲の試聴はこちら↓
https://soundcloud.com/yy-cocoon

コクーン公式ホームページ↓
http://www.yy-cocoon.com

★コクーン15周年記念ライブ&パーティーは7月26日(日)18時半オープン、南青山MANDALAです。
前売 ¥10.000- 当日 ¥12.000-

CD・チケットのご購入はこちら↓
http://okaeri.theshop.jp/


ゆうこ

posted by cocoon at 10:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419716055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック