2016年02月01日

佐藤初女さん、ありがとうございます。

初女さんが、お亡くなりになったと知ったのは、昼過ぎだったろうか?

びっくりした。ついにその日が来たのかと愕然とした。
すぐに、裕子ちゃんや何人かの友人知人に連絡。

それからずっと、いろいろな弦楽四重奏を聴いている。こんな時は、バイオリンの音色が心静かにしてくれる。


4EB1984C-5691-4369-8DD1-3ECF66BAE97D.jpg

初女さんに初めてお会いしたのは10数年前の静岡。「初女さんのおむすび講習会&講演会&コクーンのコンサート」だった。

お料理教室では、「おむすびは、ご飯の一粒一粒が呼吸しやすいように握ります」と初女さんからお聞きし、感銘を受けたものの、自分の握り方に自信がもてなくて、「あの、こんな感じでいいですか?」と聞きに行くと、「うーん、これは柔らかすぎねぇ。もっと、こう〜。」と言いながら、握り直してくださった。(裕子ちゃんには、羨ましがられた)

何だか食べるのがもったいないような気持ちになった。

そして、夜は、初女さんの講演会とコクーンのコンサート。

初めてお聞きする初女さんのお話は、どれも心に深く響き、夢中でメモ帳に書いた。(その一部は、帰宅後にドアに貼り、この10数年、私をいつも励ましてくれている:写真参照)

697D6128-0BB6-40BD-AC1D-DC99167A656B.jpg
(↑コクーンを初めて数年の頃、コンサート前には緊張し、眠れない夜もしょっちゅうだった。そんな時、この言葉にどれほど励まされたか知れない。
「初女さんでも揺れるんだから、私が揺れるなんて当たり前だよね!」と、妙に明るい気持ちになった。)


コンサートの最後は、初女さんにも登壇していただいて、三人で「永遠の絆」のラストを歌った。

幕が下りた後は、ロビーにあるアルバム販売コーナーでサイン会だ。

すると、初女さんが駆けつけて来て、「最後に歌った歌のアルバムはないの?」と尋ねた。

「まだ、あの歌の入ったアルバムはないんですよ」と答えると、「なぁんだ、そうですかぁ〜」と買わずに(ご自分の書籍コーナーに)戻られた。

なんと、率直で正直な方と感動した。

そして、この時の初女さんの一言のおかげで、「永遠の絆」をアルバムに収録することになったのだ。

それまでは、「『永遠の絆』は、コンサートの時しか聴けない曲にしては?」という制作側の意見があり、アルバムには入れないことになっていたのだ。

作者の私としては、それがすごく残念で悲しかった。だから、初女さんの一言が、どんなに嬉しかったことか!

「ほうら!初女さんもイイネと言ってくれたよ」と、飛び上がる思いだった。

そのおかげで、この曲はNHKのテレビや、民放のラジオにも流れ、今では、コンサートの最後に必ず歌うようになった。

それから、高円寺教会や那須、様々な場所でコラボさせていただき、そのお人柄、真摯なお姿に感動し、密かに「心の母」のように思っていた。

0C4614A8-F99F-4D16-BE4F-DFB250193569.jpg

「やさしく、強く、美しく。」理想の女性性の在り方を、まっすぐに体現されていた方だったと思う。

初女さん、長い間、お疲れさまです。
ありがとうございます。



水月悠里加

4F8A3A82-7853-48B7-A3B2-D611701AB3AA.jpg226DB35F-9DEB-4D8E-B489-274C4C207E21.jpg
posted by cocoon at 17:32| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか。
永遠の絆にはそのようなエピソードがあったんですね。僕も一度お会いしたかったです。初女さんは天国へ召されてもコクーンのことをいつまでも見守ってくれると思います。
ご冥福をお祈りします。
Posted by よこぼん at 2016年02月02日 21:00
よこぼんさん


コメント、ありがとうございます。

歌の一つひとつには、かけがえのない思い出がありますが、この時の「駆け寄って来られた初女さん」のお姿は、まぶたにはっきりと焼き付いています。

初女さんも、息子さんを亡くされているので、「さとる」と息子さんが重なったのかもしれませんね。

この数日間、初女さんとの思い出がいろいろと思い出されて…。

いまは、光の世界に帰られて、いつでも、誰とでもお会いできる存在になられたのだと思うので、よこぼんさんとも、いつでもお会いできるのではないかと思います。
Posted by 水月悠里加 at 2016年02月03日 15:33
コメントありがとうございます。
コクーンさんとは5月下旬にお会いする予感がします。
Posted by よこぼん at 2016年02月03日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433277793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック