2015年08月07日

映画「父と暮らせば」と「黒い雨」

毎年、楽しみにしている蝉の羽化。

昨夜は、3匹見つけた。

7ED29276-3B02-4858-B105-C2FFDCFFD2AD.jpg

抜け殻が3つ並んでるのなんて、「ダンゴ三兄弟」みたいで、微笑ましくなる。

E09DFB5A-618D-4FDA-9587-A7CC6FF5C126.jpg


前から気になっていた映画を、二日続けて見て、少し気持ちがメゲていたので、そんな時、蝉の羽化を見ると気持ちが慰められる。

その映画とは、井上ひさし原作の「父と暮らせば」(黒木和雄監督、宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信)と、井伏鱒二原作、「黒い雨」(今村昌平監督、武満徹:音楽、田中好子、北村和夫)。

両方とも広島の原爆を元にした作品だが、「父と暮らせば」の方は、親子の微笑ましいやり取りの奥から少しずつ問題が滲み出てくる。

原田芳雄の軽妙洒脱なオヤジぶり、宮沢りえの控えめで繊細な表現が魅力的だ。

「黒い雨」はモノクロ作品で、広島の惨状や原爆症の症状など、まるでドキュメンタリー映画を見ているかのように見る者に迫ってくる。

よほど綿密な取材をしたのだろうと思っていたら、井伏鱒二は、釣り仲間・重松静馬が子孫のために書き残した被曝日誌『重松日記』を資料に書いていたのだった。通りで、生々しい表現が各場面に出てくると思った。


ピカドンが落ちてから戦後70年も経って、この数年がいちばんキナ臭いとは、本当に情けない限りだ…。ただ、諦めることなく気を落とすことなく、想いは伝えていこう。

最後に、私が国立第二中学校に通っていた頃に習った歌を紹介しよう。

夏休み前の音楽の授業の時、先生は生徒たちにガリ版刷りのプリントを配ってくれた。それは、「原爆を許すまじ」という歌の歌詞だった。その生々しい言葉に、教室の中は少しシンとした。

この男の先生は、もうお亡くなりになったけれど、この歌を私たちに教えてくれたことを、いま改めて感謝したい。



「原爆を許すまじ」

作曲: 木下航二
作詞:浅田石二

ふるさとの街やかれ
身よりの骨うめし焼土(やけつち)に
今は白い花咲く
ああ許すまじ原爆を 三度許すまじ原爆を
われらの街に

ふるさとの海荒れて
黒き雨喜びの日はなく
今は舟に人もなし
ああ許すまじ原爆を 三度許すまじ原爆を
われらの海に

ふるさとの空重く
黒き雲今日も大地おおい
今は空に陽もささず
ああ許すまじ原爆を 三度許すまじ原爆を
われらの空に

はらからのたえまなき
労働にきずきあぐ富と幸
今はすべてついえ去らん
ああ許すまじ原爆を 三度許すまじ原爆を
世界の上に


※YouTubeで検索して聴くことができます。

CC7D5154-923F-4757-BA53-E1DB70733B93.jpg

posted by cocoon at 18:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 原爆 広島 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。