2013年09月16日

大切なこと

コンサートの写真を撮ってくださってた方がいました。
アップしますね。

コクーンのコンサート
生のピアノは気持ちいいですね(^ ^)

image-20130916122803.png

終わりなき歌を歌ったとき
司会の怜良さんの声がカッコ良かったです!


image-20130916122822.png


最後にみんなで歌ったpray for Japan
下村明彦さんの歌です。

image-20130916122834.png



本当に大切なことって何だろう?

コクーンの歌で、いつも問いかけてることです。

本当に大切なことって、目に見えない事が多いですね
空気が目に見えないように…
心が目に見えないように…

でも、私たちは知ってる
きっと、全部知ってる
本当に大切なことを…

たった一秒で言える言葉の大切さ
ありがとう
ごめんね
大好き……

優しい笑顔の大切さ
お母さんが子どもに、何の損得も考えずに、優しい笑顔になれるように…

そして
命の大切さ
どんなに辛いことだって、生きてるからこそなんだってこと

もっと、もっと
いろんなことも…


父の癌の値が、また悪くなりました。
抗がん剤も、他の治療も、何もしないと決めたんだって、父は言ってました。
もし、自分がまた倒れたら、延命治療はしないでくれって…。
気持ちが痛いほどわかります。
悲しいけど、わかります。

ほんとうに大切なことって
なんだろう?
また、自分に問いかけてました。


image-20130916123105.png


ゆうこ
posted by cocoon at 12:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

9月13日は、復興支援チャリティ・コンサート(大田文化の森ホール)です。

チャリテh_454369864660254_791847907_n.jpg

NHKの朝ドラの「あまちゃん」では、こないだから東日本大震災のシーンになりましたね。

気仙沼に親戚がいたり、岩手や石巻にボランティアでコンサートに行った事もあり、複雑な気持ちで番組を見ていた日の夕方、 数年ぶりに知り合いのライブに行く事になり出かけました。

久しぶりに 降りたその駅の周辺はすっかり一変していて、私は犬を連れた優しそうな紳士に道を尋ねました。親切に教えていただき、お礼を言うと、どっかでお会いしたような…? なんとその方は朝ドラの「あまちゃん」のお父さんでした!(@@) 

毎日のようにお顔を見ているので、何か不思議な感じでした。(^^)

明日は、いよいよ復興支援コンサート。どんな出会いがあるんでしょう?

東京オリンピックが決まったけれど、まだまだ復興が進んでいない所もたくさんあります。心配な場所もまだまだあります。原発の事や、東北の復興やこないだの越谷の竜巻や、シリアのことや、いろいろな事が押し寄せている中、本当に大切な事って何だろう? 明日のコンサートが、そんなことを考えたり思ったりするきっかけになったらと思います。

それでは皆さん、お友達ご家族お誘い合わせの上で、ぜひいらしてくださいね。お待ちしています!



『あの日を忘れない〜阪神淡路・東日本大震災 チャリティーコンサート』

日時:2013年9月13日(金)
開場/pm6:00 開演/pm6:30

場所:大田文化の森ホール
TEL.03-3772-0700(元 大田区役所)

チケット代金 前売 \2,000 当日 \2,200

主催 :(株)トランジスターレコード TEL. 03-5732-3352
協 賛 :(株)ディア 協力:NEXPOふれあいネットワーク・かよリフォーム・よろずや Giya’s Junc.



http://cocoon-yy.seesaa.net/archives/201308-1.html


水月悠里加
posted by cocoon at 20:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

9月になっても暑い!(北海道が恋しいな〜。)


ラベンダー畑enboutougelavender.jpg

9月といっても、まだまだ暑いですね。北海道生まれの私は汗だくです。(^^;
(中一までいた札幌では、8月半ばには秋風が吹いていました。)

ふだんは、クーラーを使わず扇風機が主だけれど、8月半ばの夜、あまりに寝苦しいのでクーラーをつけて寝たら、うっかり付けっ放しになってしまい、それから咳の出る風邪に。。。(;;)

ゴホゴホとめちゃくちゃ腹筋を使う状態が2週間近く続き、「大人になってからなる喘息か?」と心配になるほどだったけど、ヴォイスワークの個人セッションのために二日間歌うという荒療治をしたら元気になってきました。

クライアントさんは60代の男性で、「松山千春の歌を思いっきり歌いたい」とのこと。というわけで、二日間歌っていたら、北海道の大自然や、家族で行ったキャンプの事などが思い出されて、すっかり心は里帰り。。。

千歳空港に着くと、空気の匂い、味が違うのです。

やっぱり北海道はいいなあ〜。一年の半分は暮らしたいと思いました。

とはいえ、両親も妹も東京だし、向こうへ行ってももう家もありませんが。。。(親戚はいるけどね)

いま温度計を見たら、32.8度。だけど、西風はもう秋の気配が漂っています。ツクツクボウシがすぐそばで鳴いてる〜♪(^^)
 
※写真は、北海道の富良野(祖母の故郷)


☆9月13日(金)のチャリティコンサート(大森 大田文化の森ホール)
http://cocoon-yy.seesaa.net/archives/201308-1.html



水月悠里加
posted by cocoon at 15:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

ゴキブリ体験記

ゴキブリくんは、嫌いです!キッパリ

ゴキブリくん、ごめんね。
ゴキブリくんに悪気はないかもしれないけど。
生きるのに必死なだけかもしれないけど。
嫌いなもんは、嫌いなのでした。


image-20130811125447.png


小さい頃、雨戸を閉めようとして窓を開けた瞬間に何かが飛んできて、私の顔に…。
そして、ポロっと落ちて、ガサガサっと逃げたのは、かの有名なゴキブリくんでした。
ぎゃあ〜〜!!わ、わ、わたしの顔に……
それから、もう、大嫌い!!

まだ実家に住んでた頃、ある晩、トイレに行こうとスリッパを履こうとしたら、スリッパの中にガサゴソと動くものが…
ぎゃあ〜〜!!素足にゴキブリくん……( ; ; )
やっぱり、やっぱり、大嫌い!!

友達と与那国に1ヶ月くらい行ったときのこと。
なんと、泊まったところはトイレがお外にしかない!そして、なぜか赤い電球…。
中には、大きなゴキブリくんだらけ( ; ; )
白い線が入った「月の輪ゴキブリ」と勝手に呼んでたゴキブリくんは、東京のと違って隠れないのです。

そのトイレは、扉がパタパタしないように、扉の中だけじゃなく、お外からも板のカギ?がかけられるようになってました。

みんなで毎晩のように飲んで盛り上がっていて。
ある日、ただの酔っ払いでトイレへ行った時に、なぜか外からのカギがパタンと倒れて、私は中に閉じ込められたのです。
ゴキブリくんたちと20分も監禁状態(T_T)
早く、誰か気付いて〜。
数えたら、15匹もおりました!
私が動くと飛ぶし、じっとしてると体を登ってくるし…
もう、もう、も〜〜う、大っ嫌い!!

その月の輪ゴキブリは、ある朝、目覚めたら、私たちの貴重な食料の食パンの中に、ビニールを破って入りこんでました。
それも、ものすごい数( ; ; )
食料返せ〜〜!
もう!!ほんっとに、大嫌い!!

あ、食料は全て冷蔵庫に入れろって言われてたんだった〜。



image-20130811125537.png


ゆうこ


posted by cocoon at 12:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

8月6日、この日に!

私の叔父は広島生まれで被爆者でした。

けれど、叔父は、ずっと被爆者手帳の申請をしませんでした。
私と同い年の一人娘が嫁にいき、孫も出来て……亡くなる何年か前に、やっと被爆者手帳をとりました。

叔父は学徒動員で、広島市の中心から少し離れた資材置き場で働いていた時に、原爆にあったそうです。
爆風で資材が倒れ、叔父はその下敷きになり、命は助かったものの、足に大きな傷を追いました。
ずっと、所謂“びっこ”を引いていたんです。

60歳で肺癌になり、間も無く帰らぬ人となったんですが、肺癌が被爆のせいだったかはわかりません。
でも、同時に全く関係がないかどうかも、わからないですよね。
叔父の娘、つまり私と同い年の従姉妹は、体が弱くて、いろいろ大変だったし…。
叔父も、もっと若い頃から胃潰瘍(??胃癌??)を患って手術をしたりしてました。

それにしても、ずっと被爆者手帳を取らなかった、そんな叔父の気持ち……
どんな思いだったんでしょうか?
そして、どうして最期には被爆者手帳を申請したんでしょうか?
少し、私にもわかるような気がするんです。
悲しいほど優しい、だけど偽れないその気持ちが…。

image-20130806115600.png


しかし、この写真……元々はこんなだったんですね。

ゆうこ
posted by cocoon at 11:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

星占い、信じますか?

星占い、信じますか?


image-20130731113206.png


すごくステキな星占いの本をいただきました。
石井ゆかりさんが書いた本です。
私は魚座なのですが、そっくりそのまま自分のことを言われてるような不思議な気持ちになりました。
私のこと、見えてる?って、言いたくなる感じ(^_^;)
魚座の本の帯には、こう書かれてました。
「あらゆる境界をやすやすと越える。」


image-20130731113218.png


「おわりに」と言うところで、ゆかりさんが書いている事がまた面白いのです。

“「占い」は「信じる」べきではないと思います”

え?そんな事言っちゃっていいの?
でも、なんか、その言葉がかえって信じられる。

“私たちは「自分」は世界とは切り離されてあり、外部である世界からさまざまな影響を受けて暮らしているのだと考えます。自分と他人とは、まったく違う人生や時間を生きているのだと信じます。

私は思うのですが、私たちが思っているほど「外側」は「外側」ではないのです。

……中略……

合理的思考への偏重に切り裂かれた、世界と私たちのつながりを、星占いという奇妙な道具は、そっとつなぎ直す力を持っているかもしれません”


image-20130731113238.png


なるほどね〜。
信じるか、信じないか、ではなくて。
上手に使えばいいのですよね。

ゆうこ
posted by cocoon at 11:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

いざという時に!

あちこちで大雨による被害も出ているようですが、皆さん大丈夫ですか?

雨は必要だけど、こんな大雨は…。
どうぞ、皆さまが災害に巻き込まれませんようにと、祈っています。

災害といえば
この記事を知って、感動しました。

7月22日午前9時15分頃
JR南浦和駅京浜東北線ホームで
ホームと車両の間に落ちて挟まってしまった女性を、乗客と駅員が車両を押して、隙間を開けて救出!!


image-20130729201128.png


事故当時、車内アナウンスで「人が挟まれています」と流れると、乗客は自主的に降り、車両を押していた駅員を手伝った。

おかげで、女性は無事に救出され、乗客からは拍手が起きたという。

目立ったケガもなく、助かったそうです。

翌日の車内では、救出をお手伝いいただいたことへの感謝をアナウンスしたそうです。

まだまだ日本人は捨てたもんじゃないですね。

災害のとき、いざという時に、こんなあたたかな助け合いの心が大切ですよね。
posted by cocoon at 20:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

天まで届け!

なんとなく、お伝えしておきたくなりました。
コクーンもCO906.も、もちろん両方一緒でも、私たちは呼んでいただけばどこにでも伺って、コンサートさせていただきます。



image-20130711103419.png



image-20130711103229.png


もう何年前になるのでしょうか?
まだ、私がコクーンを始めたばかりの頃のことです。
「本当にどこにでも、来てくれますか?」と聞かれたことがあります。
「もちろんです!」と即座に答えました。



「静岡の山の奥に、寝たきりの私のおばあちゃんがいるんです。そのおばあちゃんに“おばあちゃんの子守歌”を聞かせたくて……」
嬉しくて、涙が出ました。

それから、「一人でも聴いてくださる方がいたら、どこにでも伺います!」と、言うことにしました。
あいにく、そのおばあちゃんはお加減が悪くなって……実現出来ませんでした。
でも、きっと、天から聴いてくださっているように感じています。

きっと、私の息子のひかると一緒に…

裕子
posted by cocoon at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

スペシャルオリンピックスによせて

先日、コクーンのコンサートの感想が届いたと書きましたが。
「知ることから全てが始まる」
そう改めて思いましたって。

「ねぇ、知ってる?〜スペシャルオリンピックスによせて〜」という歌があります。
スペシャルオリンピックス、つまり知的障がいの方のためのオリンピックによせて作った歌です。

その時に代表をされていたのは、細川元首相の奥様でいらっしゃる細川佳代子さんでした。


image-20130611123619.png

上品で美しい佳代子さんが、なぜこのような活動をするようになったかを聞いたんです。

「ある方からこんな話を聞いたんです。
どんなに科学が進んでも、どんなに医学が進んでも、知的障がいの人が2%は生まれるようになってる。無くならないんだって」

「じゃあ、どうして無くならないんだろう?
それは、もしかしたら、本当に優しい気持ちを教えるために、生まれて来てくださるのではないかって。
関わってみると、本当に皆さんが純粋で、教わることだらけです」

「今の日本では、そういう子が生まれてくると、その家庭は大変です。
我が家に生まれてくれて良かったと本当に思えるようになるまでは、時間がかかることが多いです。
でも、私の家に生まれてくれて良かったと、心からそう思える社会にしたいのです」

その言葉は、今でも忘れられません。

中学生たちのアンケートにありました。
障がいの人のことなんて、考えたこともなかったけど、これからは私もちゃんと受け止めたいですって。

なんて優しくて素直な子どもたち。

どんな形でも、伝えることって大切なことなんだなぁと、大人が若い人たちに残してあげられることなんじゃないかと、そう思いました。



「ねえ、知ってる?〜スペシャルオリンピックスによせて〜」
作詞・作曲 本田裕子  
 
1)
ねえ、知ってる?
空を見てるとわかるんだ
同じ雲は二度とないってことが
人間もみんな 違う顔をしてる
それぞれ別の役割を持って
生まれてきてるから きっと

ねえ、知ってる?
いくらお勉強をしてても
生きる強さにはならないんだ
体でちゃんと体験したことだけが
命に刻まれるから

  誰かのためじゃなく
  誰かのせいじゃなく

自分の人生を生きよう
そのままで ありのままで
自分だけのこの瞬間(いま)を生きよう
幸せは誰にも同じだけある

2)
ねえ、知ってる?
考えると不思議なんだ
今、流した涙はどこに行くんだろう?
もしかして あの海の一粒に
なっているかもしれない みんな
繋がっているから きっと

ねえ、知ってる?
どんなに正しく思えることでも
誰かを責めてはいけないんだ
目には見えなくても ちゃんと どこかで
命は繋がってるから

  わたしがあるために
  わたしでいるために

自分の人生を生きよう
そのままで ありのままで
自分だけのこの瞬間(いま)を生きよう
幸せは誰にも同じだけある
人生はあなたが思うようになる

ゆうこ









posted by cocoon at 12:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

「コクーンへのメッセージ」へうれしいお知らせ♡


「コクーンへのメッセージ」というコーナーがある。
http://www3.ezbbs.net/

こないだ、そこに「ひーたん」さんからメッセージが来た。

バラmage.jpeg

5〜6年前、コクーンが徳島の高校でコンサートさせていただいた事がご縁で、メッセージをいただくようになり、その頃「ひーたん」さんは女子高生だった。

当時、難しい薬学部を受けるとの事で、受験の悩みなどをメッセージコーナーへ書いてくれた。コクーンのCD を聴きながら受験勉強をしていると知り、少しでもお役に立てる事がうれしかった。

そして、ついに難関を突破、めでたく志望大学へ合格!
その後だったろうか? 徳島のコンサートにご両親といらしてくれたのは。
そのとき、初めてお顔を見る事ができたのだが(サイン会の時のわずかな時間で)、涼やかできれいなお嬢さんだと思った。

大学に入っても、難しい勉強の傍らでコクーンの歌を励みにしているとメッセージをいただき、私も裕子ちゃんも、コクーンのスタッフ一同、とてもうれしく、こちらこそ励みになった。「ありがとう!ひーたんさん。」

その彼女が、今春、薬学部の4年生になったとの事。初めてメッセージをいただいてから、5〜6年になるのだなあと、感慨深かった。

来年は、いよいよ就職だろうか?

また、どこかで大人になったひーたんさんに会えないだろうかと、夢想する。

明日は、立川市第4中学校でコンサート。どんな出会いが待っているだろう。


水月 悠里加
posted by cocoon at 21:52| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

東日本大震災から2年目の今日。


 梅の花130301_1207%7E03.jpg

いま、黙祷が終わりました。

今日は、311から2年目の日です。
NHKを見ています。画面には、いまも変わらず瓦礫や更地が映っています。

「震災で亡くなった方や仮設住宅で亡くなった震災関連死の方は、これまでに、2万851人。いまも仮設住宅で暮らす方が31万5000人あまり。」

いまも、「夜眠れない。」「あの時で時間が止まっている」という方、「海を見つめる事ができない」という10代の方の言葉が紹介されていました。
岩手県の大槌町で仮設商店を開いている女性が、「安全の方は進んでいるかもしれませんが、安心の方がまだ遅れています」と話されていました。

2年前に比べ、体が不自由になったお年寄りが倍以上…という棒グラフが映っていました。当時は一人で歩けた方が、いまは介添えがないと歩けない。震災以前は、イチゴ畑を作っていたお年寄りが、涙を流しながら、「やる事が何も無い事ほど、辛い事はない」と話していました。

テレビでは、追悼式が始まりました。

私は、 16歳で亡くなられた方の事を思っていました。昨年のクリスマスから行方不明だった高校1年生の男の子。 昨年、ボランティアで知り合った気仙沼のバレエの先生が、行方不明になった男子高校生を探しているとfacebook で呼びかけておられていたのですが、残念な事に1月25日に、気仙沼港でご遺体が見つかりました。この少年は、震災で祖父とご両親と姉の四人を亡くされ、妹さんと遠戚の家に引き取られたようですが、昨年は、2学期から高校へも通っていなかったようです。

以前から、「グリーフケア」(悲嘆ケア )の大切さを感じていたのですが、このような事が起ると、いまさらながら、何とかならなかったのだろうか…と考えずにはいられません。

※「グリーフケア」とは - (別名)悲嘆ケア 子どもだけでなく、配偶者、親、友人など大切な人 を亡くし、大きな悲嘆(グリーフ)に襲われている人に対するサポートのこと。

震災で亡くなられた方の安息を祈るとともに、残された方の幸せと健康を祈りたいと思います。そしてまた、東北にコンサートに行けたらと思います。


(PS)この後、気仙沼と石巻のおばさんに電話するつもりです。



水月悠里加
posted by cocoon at 15:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

新しい年になりましたね。
毎年、新年を迎える度に、時は休むことなく進んでいくことを感じます。

お餅が美味しい!!
餅焼き係りは娘でした。
ぷっくり膨らむお餅が、幸せが膨らむような感じに見えました。


image-20130101232649.png


嬉しそうなじじ(父)とばば(母)、その顔を見ていると、お正月っていいなぁと思うのです。
家族っていいなぁと思うのです。

去年は母の胃癌が見つかり、年明け早々に手術ということで、心配なお正月でした。オマケに私は風邪ひいて……。
今年、元気で集まれていること。
それだけで幸せなんだと思います。
いつまで、こんな幸せが続けられるのだろう…。
せめて、今この時を精一杯かみしめていよう。

そして、全ての人に幸せが降り注ぐような一年となりますようにと、手を合わせました。

今年もどうぞよろしくお願いします!

ゆうこ
posted by cocoon at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけまして、おめでとうございます。(*^o^*)

130101_0707~010001.jpg

あけましておめでとうございます。

初日の出に行って来ました。

早起きして6時半に、近所の公園に行ったら、一面が霜で真っ白。歩くとバリバリ音が…。見ると、土が盛り上がって霜柱が見えます。

私は、ダウンのロングコートに毛糸の帽子、マスクで、完全防備のスタイル。

寒さの中、ご来光を撮ろうと、6時半から待機していたけど、雲に隠れてなかなか見えない。手袋をとって指を出してシャッターチャンスを狙っていたので、だんだん寒さで指先が痛くなり‥。

写真を撮るのに、30分くらい待ってたかな?

ざわざわと人が集まって来て、子どもが走り回り、小型犬や大型犬も泣いたり吠えたり。なかなか騒がしいご来光のひとときでした。

初日の出は、雲に隠れたままだったけど、一体がオレンジ色に輝いてきれいでした。

今年が、生きとし生けるもの、日本や世界、地球にとって、より良き年となりますようお祈りします。
今年もよろしくお願いします。


水月悠里加
posted by cocoon at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

今年一年、ありがとうございました。

いよいよ、今年もあとわずか。
今年も一年ありがとうございました。


image-20121230133905.png


コクーンは早12年以上の活動になります。
私たちがコクーンを始めた頃、巷の音楽は若い方の音楽ばかりで、恋愛の歌がほとんどでした。
ある程度の年になると、演歌か懐メロか…。
それもいいけど、自分たちが今、日常に感じてる思いの歌がないなぁと。それなら、自分たちで作って歌おうと、ゆりちゃんと歌を作り始めました。
スキマ産業みたいな音楽を、たくさの方が指示してくださって、おかげさまで12年以上も活動して来られました。
ありがとうございます。


今年は「うまれる」という映画の上映会イベントに出させていただきましたが、命の不思議、生きていることの奇跡を、強くまた感じました。

image-20121230134002.png


年の終わりに、今一度、皆さんにお伝えしたく思います。

♪ 生まれてくれて、ありがとう。
生きててくれて、ありがとう ♪

良いお年をお迎えくださいね。
来年もどうぞよろしくお願いします。

ゆうこ
posted by cocoon at 13:40| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

お財布忘れました〜。(ToT)

駅まで行って、改札を出ようとしたら、財布がない!

「イザ!」というときのために、折り畳んでしまってある千円札もない!

いまから、予約している歯医者さんに行かなくてはならず、今日を逃したらなかなか、ない!

意を決して駅員さんに事情を話すと、「着駅払証」と書いた小さな紙をくれた。「これを持って改札を入ってください。降りる駅で事情を話してください」

なんとか電車には乗れた〜。は〜っ。

帰りは、歯医者さんにお金を借りて帰ることにしよう…。(-o-;)


水月悠里加
posted by cocoon at 16:49| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

12月5日(水)、金沢でクリスマス・コンサートです♡

5 金沢コンサート259808_424929484244497_1272446760_n.jpg

 来週、金沢に行ってきます。父方の祖父の生まれ故郷なので、いつも特別な想いがわいていきます。(祖父は50歳で鬼籍に入っているので、会った事はありません)

  昨年の12月には、新堀ギター学院のクリスマスコンサートに呼ばれたりと、金沢でのコンサートは何回かありますが、あけみちゃん(岡部明美)とのコラボでは初めてなので、それも楽しみ!

 まだ、お席はあるようなので、みなさん、ぜひいらしてくださいね。レンガのステキな建物ですよ。


「岡部明美&コクーンのクリスマスギフト」

   〜幸福の扉を開けるチャンス! あなたはあなたのままでいいのよ〜

12月5日(水)開場 12:30
        開演 13:00〜17:00


会場/ 金沢市民芸術村 パフォーミングスクェア
   (石川県金沢市大和町1-1)

入場料/ 3000円(税込み) (当日)3500円(税込み) 

(主催)株式会社 オーナーズ

※チケットのお問い合わせ 076-292-3366 
             info@owners-m.jp
(受付時間)9:00〜19:00(土日・休み)



☆主催のしゅうちゃん(大山 秀司)から。

自分を愛し、人を愛し、人生を愛し、仕事を愛し、世界を愛し、自分のいのちを輝かせて生きたいと心から思っている人たちをサポートされていらっしゃる岡部明美さんは金沢初登場です。
コクーンの演奏は私たちの心にしみわたる歌声で感動します。私もとても楽しみにしています。
あなたに贈る”クリスマスギフト”ぜひ!受け取ってください(*^◯^*)


☆あけみちゃん(岡部明美)から。

『コクーンのコンサートと私の講演のコラボというスタイルでこれまで多くの方々に各地で主催していただきました。
今回は、金沢で会社を経営されている大山秀司さんと山本賢太さんたちが、私たちを呼んでくださいました。
コクーンは、何度か金沢でコンサートしているようですが、私は北陸でのお仕事は初めてです。
大山秀司さんは、周りの人たちに「あけみちゃん、金沢発上陸!」と、まるで、ゴジラの来襲のような言い方をしているらしいです(笑)。お近くの方は(遠い方もどうぞ)、12月5日、ぜひいらしてくださいね。


水月悠里加
posted by cocoon at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

[満員御礼♡]映画「うまれる」、池川明先生の講演、コクーンのコンサート(代々木オリンピックセンター )

生まれる304948_304507316313177_703114226_n.jpg

昨日、映画「うまれる」、池川明先生の講演、コクーンのコンサートが無事に終わりました。会場には、妊婦さんや小さなお子さん連れの家族も多く、ママに抱かれてすやすや寝ている赤ちゃん、時々泣いている赤ちゃんもいて、微笑ましかったです。

前から観たかった「うまれる」、とても感動しました。(;;)自分の妊娠、出産、子育てとダブって、息子が元気で育ってくれた事がありがたくて。。。会場では、すすり泣いている方がすごく多かったです。私も、すっかりハンカチが重くなりました。(次回はきっと、夫と息子にも観てもらいたいと思います。)

池川先生とコクーンのコラボは、うれしくも何回目かでしたが、いつも先生の優しい笑顔、自然体のお姿に心が和まされ、また、励まされます。質疑応答の時も、養子縁組をされた方に、とても励みになるうれしくなるような話をされていました。赤ちゃん達は、いろいろな方法をとってお母さん、お父さんの所に来てくれるんだと知り、さっそく知人に知らせたくなりました。

この、感動感激の後に、私たちコクーンの出番です。舞台で歌いながら、いろいろな事を思い出して、いつも以上に涙をこらえるのが大変だったかも。。。私たち、一人ひとりが奇跡の存在、奇跡の家族なのだと、よりいっそう思いを深くした一日でした。

ご来場のみなさま、ご尽力された関係各位のみなさま、ありがとうございました。


水月悠里加
posted by cocoon at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

ベンチャーズ

120805_1948~0100010001.jpg

いま世田谷の馬事公苑で、ベンチャーズのコンサートを聴いています。

パイプライン、雨の御堂筋、京都慕情、朝日のあたる家など、懐かしい曲が次々と…。

水月悠里加
posted by cocoon at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

アタサさんのシタール演奏会

 アタサ120607_1354%7E03.jpg

昨日、裕子ちゃんとシタール演奏者・アタサさんの演奏会に行って来ました。お世話になっているがサロンをオープンし、そのお祝いに行って来たのです。

アタサさんの演奏を聴くのは今度で2回目。以前、コクーンのコンサートにも来てくださいました。アタサさんはインドで20年間学び、神秘家からサンギート・アタサ(音楽の魂)という名前を授かりました。

シタールの他、ディルルバ Dilruba(写真・左)、笛、チベタンベル、シンギングボールなどいろいろな楽器を弾きます。

演奏を聴いているうちに、魂がインドかチベットにでも行ったかのようになり、深〜く静まっていきます。私は特に、ディルルバ Dilruba(写真・左)の音が好きになりました。確かにそこで奏でられているのですが、どこか別の世界、別の次元から聴こえてくるような気がするのです。隣にいた方が、「海底に沈んだムー大陸から聴こえてくるのかもしれないですよ」と、これまた神秘的な事をおっしゃる!

演奏のあとは、ガンジーの歌、ネイティブ・インディアンの歌、アタサさんの人生の歌を聴かせて頂き、最後に、チベットのダラムサラで僧に習ったという瞑想を、みんなでしました。しかも、アタサさんの演奏を聴きながら…。(^^)

まずハートに手を当てて、自分の人生にあった悲しみ、辛い思い出を吸い込み、吐く時に自分の幸せな思い愛の思いで返して行く。それから、家族や友人、周りの方々、日本、世界の生きとし生けるもの、地球。。。の順で、悲しみや辛さを吸い込み、幸せな思いで返して行きます。(また自分の人生に思いに戻ってもよく、手も、ハートから放してもいいです)

西洋では、良いものしか自分に入れない発想だけど、東洋は真逆で、悪いものを自分に入れて愛の波動で浄化させて外に出して行く。

敬愛する芳村思風先生の言われる、「人間は、不完全な存在である。人生は矛盾に満ちている。この不完全、矛盾を内包した真実に生きることができるのがアジアの文化なんだ。これからはアジアの時代だ。」と見事に重なり、感動を新たにしました。

その後、アタサさんのリクエストで、私と裕子ちゃんが紹介され、「永遠の絆」を歌う事になりました。急遽、アタサさんのギターをお借りして歌わせて頂きましたが、私たちの思いがみなさんに届いた事、うれしかったです。

演奏会の後は、オーナーの手作りのピザとケーキでティーパーティー。心癒され、幸せなひと時を過ごせました。

☆アタサさんのコンサート情報

「ヒーリング ハートの扉」
6月9日(土)午後2〜5時 
(場所)青山たまサロン(港区赤坂8ー6ー28 GSハイム第2赤坂501   
(問い合わせ) ミズエ 090−2623−8043 


6月10日(日)午後2〜夕方 
(場所)葉山 リーラハウス 



水月悠里加
posted by cocoon at 16:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

芳村思風先生の古稀を祝う会(新宿・京王プラザ)

思風ちゃん81809_473069319386654_1159130718_n.jpg

思風先生とケーキ1005469788_n.jpg

ゆりこ&思風546599_473073789386207_733858591_n.jpg

チャッキリのりと森29074815_n.jpg

昨日は、敬愛する感性論哲学の創始者・芳村思風先生の古稀を祝う会に行って来ました。

先生と出会ったのは、もう10年以上前になるのでしょうか? 

高校からの友人・あけみちゃん(岡部明美)が、思風先生と一緒に研修をする事になり、そこにコクーンが呼んで頂いたのです。

主催は、けんちゃんこと松前研一さん、ふくちゃんこと福島康司さん(パステルアート作家)&みちえちゃん(古布絵アーティスト・風花)。これは、「Iの学校」から「Iwill フォーラム」と名前を変えながらも6年続いた素晴らしい研修でした。

 裕子ちゃんと思風ちゃn196106_473074206052832_1925800041_n.jpg


内容は、思風先生の「愛の実力」「意志の力」の講義、そしてあけみちゃんの実践ワークを体験するというもの。

研修の最後の日には、コンサートをさせていただき、おかげさまで全国に友だち、知り合いができました。

いま振り返ってみても、ここでの出会いと体験は、私の人生にとって大きな宝物となり、歌にも曲にも影響していったと思います。

何より、より人間が、生きとし生けるものをよりいっそう愛するようになったのは、この体験が大きいと思います。

今回の先生のスピーチで、特にこの箇所にしびれました。

「人間は、不完全な存在である。人生は矛盾に満ちている。
この不完全、矛盾を内包した真実に生きることができるのがアジアの文化なんだ。これからはアジアの時代だ。」

会の最後で、コクーンが歌う事になっており、しかも裕子ちゃんが作った新曲「愛と意思の讃歌」を披露する事になっていたので、私は少しナーバスになっていました。しかも、時間が押していて「いつ順番がくるんだろう?」と、不安にもなり。。。

でも、本番では、最初の歌「森は知っている」でチャッキリのりとの3年振りのコラボ。新曲では、みなさんと一緒に歌えて、とても幸せな気持ちになりました。

ちゃっきり全身545162_473070442719875_1157174885_n.jpg


こんな素晴らしい会に呼んで頂き、私たちは幸せです。事務局を努められたふくちゃん、みちえちゃん、けんちゃん、関係各位のみなさま、ありがとうございました。

※写真は、ホッシイさんほか、みなさんのものを掲載させて頂きました。

水月 悠里加
posted by cocoon at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。